先日、ルーサン(アルファルファ)という輸入乾草(牧草)が入荷しました。横浜港からトレーラーで運ばれてきます。重さは、約24トンです。一個の重さは約400キロになります。うちの牧場では、約二カ月分に相当する量になります。ルーサンは消化がよく、タンパク質が多い、栄養価の高い牧草です。そのため、牧草の女王などといわれています。牛もよろこんで食べてくれますよ。

 

2 Responses to 輸入乾草入荷しました

  1. takahashi tetsuya より:

    先日はお世話様でした。
    来月の真室川町への視察研修にもぜひ参加してくださいね。
    さて、先日、規模拡大事業において牛舎の増築と堆肥舎の移転のお話をお伺いしました。堆肥舎のほうの機械については既に選定済みなのでしょうか?
    最近、堆肥処理に実績がありメンテも低コストな装置として下記のスクリュージェッターと言う装置がありますので参考までにおくります。
    本装置は、島根県の畜産業を営む「松永牧場やメイプル牧場」を経営している松永直行氏(私の知人)が考案したものです。生産者目線で製造しておりますので、構造はシンプルでメンテナンスし易いのが特徴です。
    http://www.kktec.jp/screwjeter/

    • info より:

      先日の講演、お疲れ様でした。あんなにたくさんの若手酪農家が集まってくれて、頼もしく思いました。さて、事業のことですが、糞乾ハウスの機械はすでに決定しました。垂直式のスクリュータイプも検討したのですが、水分調整材がかなり必要だということがわかり、断念しました。フリーバーンや、超大型の農場だと、このタイプが適しているのではないでしょうか。松永氏の講演を聞いたことがありますが、とても熱意のある方だと思いました。乳肉複合の経営だったですよね?来月の視察研修も楽しみにしています。ところで、元村山農業高校の先生で上山出身の森さんはご存知ですか?tetsuyaさんの話でもりあがってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です