日本のほとんどの酪農家は人工授精を行っています。その時に使用する精子の入ったストローを保管するのに液体窒素をが入ったボンベを使います。超低温になっているボンベの中で、精子は保管されています。人工授精する時にぬるま湯でとかしてから使います。 液体窒素は少しずつ気体になるので、月2回液体窒素の補充をします。下の写真はその時のものです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です