(株)奈良崎牧場の牛が食べているエサは全部、購入飼料です。そのうち90%以上が外国産です。購入飼料は大きく二つの種類に分けられます。一つは牧草、もう一つは配合飼料です。今回は牧草について書きたいと思います。

ルーサン(アルファルファ)   牧草の女王ともよばれる栄養価の高い牧草です。輸入しているのはアメリカです。産地はいろいろありますが、うちではおもにワシントン産のものを多くつかいます。

スーダングラス          輸入しているのは、アメリカやメキシコで茎が太い牧草です。

オーツヘイ             輸入しているのは、オーストラリアです。日本ではえん麦とよばれます。牧草のなかでは糖分が高く、あまいにおいがします。

チモシー              輸入しているのは、アメリカやカナダです。しかし、最近ではかなり値上がりしているので高くて使えません。

この4種類は、ビッグベールとよばれる一つ400kgもある大きな梱包で、海上コンテナに積まれて配達してもらいます。通常は30~50kgの梱包ですが、コストを下げるためにビッグベールにしています。このほかにもクレイングラス、オーチャードストローなどがあります。

 

現在、多くの酪農家が飼料高騰に苦しんでいます。都府県の酪農家の多くが購入飼料に依存した経営を余儀なくされているからです。うちの牧場でも例外ではなく、100%購入飼料で牛を飼っています。飼料高騰の理由はいくつかあって、円安による輸入飼料の高騰であるとか、中国やUAEなどがどんどん牧草を輸入しているせいで、輸入牧草の値段が上がっていること、などが主な理由です。大量購入をしてなるべく安い飼料を買うようにしているのですが、限界があります。酪農家だけに限れば、円高の方がよいわけですが、日本全体の景気を考えれば円安のほうがいいわけで、難しいですな・・・ですが、頑張って高品質の牛乳をしぼっていきますので、みなさん牛乳をいっぱい飲んでください。よろしくお願いします。

 

今日は、節分ですね。暦のうえでは冬が終わりです。今日はあたたかくてすごしやすい朝でした。今年は例年にくらべ、とても雪が少なくてとても助かっています。早く春が来ればいいのになぁ。

 

明けましておめでとうございます。

本年も(株)奈良崎牧場をよろしくお願いします。

今年こそは、こまめな更新を心掛けていきますので、ご意見、ご感想、ご質問などは、どんどん送ってください。できる範囲でお答えします。

(株)奈良崎牧場 代表取締役

 奈良崎 康弘

 

今、日本はお盆真っ最中ですね。我が家も例外なく、今、妹家族が来ています。迎える側としては大変な面もありますが、大人数でわいわい楽しく飲んで、食べております。今日は花火の予定です。楽しくなりそうです!

 

先日、新しいホイールローダーが来ました。ユニキャリア(前TCM)のZW80というタイプです。早速お祓いをしてもらい試乗しました。シートがふかふかで乗用車に乗っているようでした。これで仕事もバリバリこなせそうです。がんばるぞ!

 

今日の山形新聞の朝刊の折り込みで、堆肥販売のチラシを配布しました。山形市内に30,000部配布する予定です。見かけた方はぜひご一報ください。これから、秋野菜の準備が始まると思いますが、(株)奈良崎牧場の堆肥を使っていただき、去年よりおいしい野菜を収穫してもらいたいです。よろしくお願いします。

 

今日から、新しいスタッフが増えました。高校を卒業したばっかりのF越くんです。若いスタッフがはいると、新鮮でいいですねー。牛の大きさに驚いていましたが、早く仕事に慣れて、一緒にがんばっていきましょう!

 

先日、酪農雑誌「デイリージャパン」より取材の申し込みがあり、お受けしました。3時間ほどの間に酪農に関する様々なことをお話ししました。僕は、いろんな人のおかげで今の経営が成り立っていると思っています。だから、今の僕があるのは、地域の仲間、従業員、獣医、組合の職員、飼料会社、大規模経営の先輩たち、みんなに支えられてきたからです。これからも、おごらず、人をうらやむことなく、一歩一歩牛歩のごとく進んでいければ幸せです。「デイリージャパン」には7月号に掲載の予定なので、読んだ方は感想などいただけるとうれしいです。

 

今年も、畑の雪が消えて、堆肥の配達が始まる季節になりました。今年は、新しい機械を導入したのですが、堆肥の仕上がりがいまいちで、試行錯誤を繰り返しています。お客様には配達が遅くなってしまい、ご迷惑をおかけしておりますが、出来上がりしだい急いで配達しますので、いましばらくお待ちください。今、ご注文していただくと、4月下旬には配達できると思います。よろしくお願いします。