奈良崎牧場の歴史

昭和23年
今の代表である奈良崎進の父、清次が乳牛2頭を譲り受けて酪農を始める。
昭和47年
奈良崎進が就農。
昭和51年
キング式牛舎を新築し、乳牛30頭規模に拡大。
平成 6年
奈良崎康弘就農。
平成13年
現在地に牧場を移転し、乳牛100頭規模に拡大。
平成21年
4月酪農教育ファームを始める。
平成24年1月
株式会社奈良崎牧場を設立。代表取締役に奈良崎康弘が就任。

日本一おいしい牛乳を目指してます

日本一おいしい牛乳を目指してます

 

Comments are closed.